介護師になりたいなら資格を取ろう|憧れの仕事に就くには

勉強

短期間で勉強する

介護にかかわる仕事をしようと思ったときに、最初に取るべき資格は、介護職員初任者研修です。スクールによって、カリキュラムや費用が異なりますから、よく比較してスクールを選びたいものです。そのほかにも、ハローワークで受けることができたり、補助を受けられるケースもあるので、調べてみるのも良いでしょう。

介護

福祉の仕事に就く

介護の仕事をしようとするときに、最初に取るべき資格は介護職員初任者研修です。この資格を取ることのできる学校は、多数あり、通学のみのところ、通学と通信教育の併用のところなど、通い方も異なります。日数も1か月から4か月くらいまで幅がありますから、自分に合う学校を選びましょう。

女性

高齢者ケアの職とキャリア

介護の仕事は個々の職務経験や取得資格により対応出来る範囲が異なります。介護の仕事でキャリアアップを目指す為には現場での仕事を通じて専門的な技能を身に付け、段階的に上級の資格を取得していく事が肝心です。

自分にあう受講方法

勉強道具

ステップアップしましょう

介護の資格は複数あり、経験などによって受講する講座に違いがあります。いずれ介護の現場で働きたいと考えた場合には、まずは介護職員初任者研修を受講しましょう。これがまず初めの資格になるのです。その後、実務経験を3年間積むことによって、介護福祉士の受験資格を得ることができます。法改正によって、実務経験を3年間積まないと介護福祉士の受験ができなくなったため、早い段階から介護施設での実務につくと、その後のステップアップがスムーズになります。介護福祉士の資格と取得後には、5年程度の実務経験の後、ケアマネージャーの資格を取得するとよいでしょう。このように介護の資格は実務経験を積むことによって、ステップアップできる資格で構成されています。それぞれの資格は持っている資格に応じて、受験科目が免除対象になったり、受験時間の短縮などにつなげることができます。早めに現場で活動することで、経験とともにキャリアアップすることができるのが介護の資格の魅力です。近年、高齢化社会に伴って、人手不足が深刻化してきている現場でもあるため、やりがいを感じながら働けるでしょう。習得には専門学校や大学での受講に加えて、通信講座などを利用して学習することもできるため、現在は違う職種のひとや忙しい人でも自分のペースにあった方法で学習できます。費用面は利用する講座によってまちまちですが、通信講座は数万円程度から受講が可能です。将来のビジョンをもって、必要な講座を探してみましょう。